オフィス内装をリーズナブルに行うコツとは

見積もりが安い業者を選ぶリスクも

見積もりを依頼する際に必要なもの

見積もり依頼には、必ず図面が必要になります。
物件を契約した際、仲介に入った不動産業者から図面を提供してもらうことができます。
しかし、その図面は、あくまで、物件の募集をするための大まかな間取りがわかる程度のものもあります。
場合によっては、ビルの施工当初のもので、実際の施工の間に変更になった個所があっても、反映されていないこともあります。
実際の状況と大きく異なる場合は、再度設計士やデザイナーに依頼して図面を作成してもらう必要があるかもしれません。
施工業者によっては、図面の作成まで行ってくれる場合もありますので、見積もり依頼の前に確認してみると良いでしょう。
また、デザインイメージ図などもあると良いのですが、デザインについても依頼する場合は、おおよそのイメージラフや色合い等を決めたスケッチ程度でかまわないでしょう。
より具体的な見積もりを集めることができます。

おおよその予算についても伝えておく

設計図やイメージを伝えただけでは、価格帯もバラバラで、見積額も千差万別の物が上がってきて、比較どころではなくなってしまいます。
予算の上限額を伝えておくようにしましょう。
その際、上限MAXを伝えるのではなく、万が一の工事やり直しなどの事も加味して、抑え目の金額で伝えることがポイントです。
見積もりを依頼する各社に同条件での提示を行い、上がってくる見積もりを細かく比較検討します。
例えば、A社には施工の監理業務を行う別の企業への委託料が含まれているが、B社には、監理業務は自社で行うことになっている場合、手抜き行為防止のためには、A社の方が適当である場合もあります。
ただ価格の安さだけで決めるのではなく、含まれる内容についてもしっかりチェックし、不明点などがあれば、逐一業者に確認するようにしましょう。
そういった際の対応でも、信頼できる会社なのか否かを図ることもできます。


TOP