オフィスの内装工事をリーズナブルに依頼する方法

オフィス内装をリーズナブルに行うコツとは

物件の内装状況による

オフィスを開設する際に、必ずと言っていいほど必要となるのが内装工事です。
その内装工事も、実は大きく分けて3種類あるのをご存じですか?
それぞれ「A工事」、「B工事」、「C工事」と呼ばれ、その範囲や対応する業者も異なるのです。
「A工事」とは、オフィスビル自体の躯体や共用設備に係る部分を施工範囲としていて、ビルのオーナーの管轄になります。
テナントとして入る借主側が独断で工事を発注することはできません。
もちろん、費用の負担もビルオーナーです。
「B工事」とは、建物全体に関わる部分の工事になりますが、借主側が希望することで発注することができます。
借りるオフィス部分でも、空調や電気、照明や壁は、ビル自体の安全面にかかわる部分がこれに当たります。
発注先の業者は、オーナー側で決められ、借主側で自由に発注することはできません。
そのため、相見積もりをとって、工事費用の低い業者を選ぶ、ということができない工事です。
費用は希望する借主側の負担となるのですが、業者の選択の自由度がないため、費用が高めになる可能性が高い工事となります。
そして「C工事」が借主が実際に借りるオフィス部分の内装工事となります。
発注する業者の選定も、費用負担も借主が行うことになります。
合い見積もりを取ることもできるので、工事内容と費用を見比べ、適当と思われる業者を自由に選ぶことができます。
オフィスを借りる際には、「A工事」や「B工事」の必要が少ないと思われる物件を選ぶのがきもになります。

オフィスの内装にかかわる工事

オフィス物件にも、飲食店同様に居抜きとスケルトンとがあります。 居抜きとは、前のテナントが出てそのままになっていて、仕切りや家具が残っている状態、スケルトンとは、壁や天井など、全ての内装が全部撤去されていて、建物の骨格までが露出している状態のことです。 どちらの状態を選ぶかで、費用が全く異なります。

デザイン事務所に依頼するか施工会社に直接依頼するか

オフィスの内装工事を発注する先としては、デザイン事務所に依頼する方法と、施工会社に直接依頼する方法があります。 デザイン事務所に依頼すれば、会社のイメージに合った、洗練された事務所を的確に表現してもらえいますが、その分費用も施工期間もかかります。

見積もりが安い業者を選ぶリスクも

よほど気に入った業者や、お仕事の関係上お付き合いがある業者しか選べない、という様な場合を除いては、複数の会社からの見積もりを依頼し、見積もり合わせ比較(相見積もり)をします。 会社の規定で一定の価格以上の発注に対しては3社や5社からの見積もりを取ることが決められている場合もあります。

TOP